埼玉県所沢市のフォトスタジオ ベルエクラ

受付時間 10:00~19:00
毎週火曜・第2・4月曜定休

【保存版】ドレスの種類と体型の悩みを合わせたデザインをご紹介します!

2019年10月17日 16:47 コラム新着

一生に一度の花嫁姿をより美しく魅せるための方法

それは、自分に合ったドレスを選ぶことが重要です!

どんなドレスがあるか、体型に合うドレスも合わせてチェックしていきましょう!

Aライン

アルファベットのAのようにウエスト部分から裾に向かって直線的にスカートが広がるデザイン。

ウエストに切り替えがなく、縦のラインが協調されるので、背が高く見える効果があります。

また、ウエスト位置が高いため、特に足が長く見えます。

 ウェディングドレス

 

 

 

 

 

 

 

 

プリンセスライン

上半身はタイトに、腰から下のスカート部分はギャザーを寄せてふんわりと広がるデザインです。

下半身のラインをカバーしてくれるので、お尻が大きい方にもお勧めです。

また、ウエスト部分が細く見える効果があります。

プリンセスライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マーメイドライン

上半身から腰、膝まで体にフィットし、膝下から裾が広がる人魚のようなデザイン。

シックで大人っぽいイメージ。

背が高く、グラマラスな方にオススメ◎

マーメイドライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フィット&フレア

上半身から腰、太もも辺りまで体にフィットし、太もも辺りから裾が広がるデザイン

マーメイドよりもスカート部分にボリュームがあるので、華やかな印象になります。

背が高く、グラマラスな方にオススメ◎

ウェディングドレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スレンダーライン

ドレス全体のシルエットが細くストレートで、ボディーラインに沿った縦長のデザイン

タイトなラインで幅より高さが強調されるので、背が高くスラリとした方にオススメ!!

スレンダーライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

エンパイアライン

バストの上から裾に向かって直線的に落ちていくシルエットのデザイン。

ウエスト位置が高いので小柄な方におオススメ。

 

エンパイヤドレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

胸元のデザインもたくさん種類がありますのでご紹介していきます!

ビスチェ

肩紐がなく首から指先まで露出するデザイン。

肩回りがすっきりとするため、上半身をコンパクトに見せてくれます。

バストが大きめの方にオススメ◎

ウェディングドレス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハートカット

ビスチェタイプで襟元がハート型にカットされているデザイン。

程よく丸みが演出されるので、肩幅の広い方にオススメ!

さらに小顔効果も◎

ハートカット

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホルターネック

前身頃からつながる紐を使って、首で胸元をつるしたようなデザインが特徴。

首回りに斜めのラインが演出されるので、肩幅の広い方にオススメですよ!

ホルターネック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ストラップ

キャミソールタイプの肩紐のあるデザイン。

襟元はビスチェタイプの水平ラインのものが多いです。

バストが小さい方にもオススメです!

ストラップ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワンショルダー

肩紐が左右どちらか片方だけあるタイプ。

上半身が華やかな印象になるため、バストが小さい方にも◎

また、座り姿の多い披露宴にもオススメです。

ワンショルダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オフショルダー

肩紐が二の腕当たりまで下がり、鎖骨と肩を露出するデザイン。

肩回りの横の広がりが強調されるので、なで肩やいかり肩の方にオススメ!

二の腕が気になる方にも、露出が苦手な方にも◎

オフショルダー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アメリカンスリーブ

首元から袖ぐりの下まで斜めに大きくカットされたノースリーブタイプのデザイン。

肩回りに斜めのラインが演出されるので、肩幅の広い方にオススメ!

また、首回りも隠れるので、首の長い方にも◎

アメリカンスリーブ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボートネック

襟元が横広がりに大きく開いたデザイン!

肩のラインを綺麗に見せて、エレガントな印象に。

肩幅が狭い方にオススメ◎

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
NOBUTA

この記事を書いたのはNOBUTAです。

書いた記事一覧

ランキング

CATEGORY

pagetop